トップページ  > 人間ドックと疾病予防  >  よくある質問

健診のよくある質問
健診のよくある質問

※2020年度の人間ドックの申込み受付は終了しました。2021年度の人間ドックについては12月頃にご案内の予定です。

受診・検査内容について

からだの状態は日々変化していくものです。毎年受診して健康状態をチェックすることが大切です。当健保組合では人間ドックを3ヵ月間実施しております。(1~3月)

休日(土曜日)受診可能な医療機関も多く選びやすくなっていますので、是非ご受診ください。

予約

1~3月に限定して医療機関から受診枠をもらっています。先着順の受付を行っているため、希望の医療機関を予約できない可能性もあります。「人間ドック総合ガイド」に医療機関の情報も載せていますが、医療機関のHP等を確認の上、ご自身にあった医療機関をお選び下さい。

変更・キャンセル

変更・キャンセルは電話のみの対応としています。
当日朝、体調がすぐれず、人間ドックを受診できない時は医療機関と予約センターの両方にご連絡ください。

※いかなる事情があっても受診期間外の人間ドック費用は自己負担となりますので、変更は期間内にお願いします。

【博報堂健保健診予約センター】 TEL:03-5360-6570

(平日9:30~18:00)土日祝日は休み。12月29日~1月4日は休み。

検査が終わったとたん、沢山食べ過ぎたり、毎日お酒を飲む生活に戻ってしまうなら検査の意味がありません。数値は自己満足だけで終わってしまいます。

人間ドックとは、現在の状態を正しく知る為の検査なので、普段の生活で検査を受ける事をおすすめします。

妊娠中(妊娠の可能性がある時)、被曝は避けた方が良いので、受診する医療機関にご相談ください。自己検診で「小さな変化」にきづいた時は、人間ドックを待たずに乳腺外科・乳腺クリニックを受診しましょう。

人間ドックは健康状態の把握にご活用ください。人間ドックの特徴は、検査項目の多さと検査内容の深さにあります。既に何らかの自覚症状がある人は(「みぞおちの辺りが痛い」「めまいがする」など)の場合は医療機関を受診して適切な診療を受けて下さい。

精密検査は見つかった異常(数値や所見)の原因を探るために実施されます。さらに治療が必要なのか確認するための検査です。